【STEP4・4歳児リトミック 】たべものカード

リトミック研究センターのカードは一音一打からステップして、そしてリズム譜にまで発展していくことが出来る幅広く活用できます。

ピアノを弾くには、ひとつの音符に対してひとつの音。

まずは、そこから始まっていきますが、初めはみんな手と口がどっちか多かったりします(^-^)

でも、続けてやっていくうちに、手と口が一致してきます。

そこから、どんどん発展していって、こうしてリズム譜と一致させることで音価の習得に繋がります(o^^o)

+1

北九州市八幡西区萩原「とよなが音楽教室」
講師 豊永 美香 

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください