音の階段。

音の並びを理解するために、レッスン時に音の階段を、よく使います。

ドレミファソラシド

ドシラソファミレド

は、よく言えたとしても

ラの上は?

ファの下は?

ミからジャンプした(1つ飛ばした)上の音は?

とかってなると、えーと…ソ!

と、少々答えるのに時間がかかるときは、瞬時に言えるようになるまで、音の階段を使います。

それは、5線になったときに、とても便利だから。

音符は、ひとつづつ読むことも大切だけど、固まり読みが出来るともっと便利!なのです(^-^)

こないだ、2年生くんは、1オクターブづつの音の階段を組み合わせて、2オクターブにしてました!

自分でどうしたらいいかな?と考える。アイデア見つけることは、とても大切(^O^)

北九州市八幡西区萩原「とよなが音楽教室」
講師 豊永 美香 

1 いいね!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください