赤松林太郎先生のペダル講座


ピアノ講師ラボで、お声はお聞きしたことのある赤松先生のペダル奏法。

会場の黒崎ひびしんホールに入ると赤松先生の素晴らしい演奏でウェルカムされて、一気にボルテージアップ(^^)

ペダル奏法の前に、まずはピアノの作りのお話から。1791年がキーポイント。

いつの時代のピアノで、いつ、その作品が、誰によって作られたか。

全てを意識した上で、その音にどんな効果を持たせたいのか。

どんなツヤを与えたいのかを考えてペダルを踏む。

そして、離しかたも大切。

赤松先生の一音、一音に対してのペダリング。圧巻でした!!

みんな憧れるよね。ペダルを初めて踏むとき。
赤松先生の言われていた”お化粧の仕方”を教えることが出来るようになりたいなぁ。
ペダル。。。奥深い。

北九州市八幡西区青山「とよなが音楽教室」
講師 豊永 美香 

1 いいね!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。