どうしたら、もっとステキな演奏になるか…

どうしたら、もっとステキな演奏になるか?

それを、今、考えてる生徒ちゃんも多いのではないかな?(^-^)

中学生になった生徒ちゃんは、感動してもらえるような演奏がしたい(((o(*゚▽゚*)o)))♡と、今の気持ちを教えてくれました。

そのためには…

テクニックは、もちろん必要だけれども、じゃぁ、テクニックさえあれば感動できるのか?

それは違うと思うのよね。わたし。

テクニックはないより、あるにこしたことはない。

だけど、わたしはこう弾きたい!とか、音楽を楽しみたい!とか、みんなに聴いて!と強く願って奏でる音は、周りの人を魅了すると思う。

たまたまテレビをつけたら、24時間テレビがあってた先日。

あのユーミンが出ていたところで、

月並みな言い方だけど、音楽はやっぱり心だと思う

と、あのユーミンが仰ってた!

そう!そう!

そうだよね!と、わたしも大切なことに改めて気づかされました。

クオリティが高いのは、とてもよいこと。

でも、クオリティが高くて心のこもっていない演奏よりも、

クオリティがイマイチだったとしても、心のこもった演奏。

きっと、わたしの発表会では、それを待ち望んでいるお家のみなさん、会場のみなさんがいてくれてる。

そう思うのです。

グルーヴ感を大切にしたい。

と思いながらも、テクニック上げるために、いろいろ(^◇^;)

0

北九州市八幡西区萩原「とよなが音楽教室」
講師 豊永 美香 

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください