いろんなポジション

習いたての頃は、真ん中ドから左右に右手ドレミファソ。左手ドシラソファ。

そして、右手真ん中ドレミファソ。左手低いドレミファソ。のドのポジション。

テキストが進むにつれてソからはじまるソのポジションへ。

その調の曲を弾くときに、必ずポジション確認を行います。

それは、頭の中をリセットする意味も含めて。

指番号と鍵盤だけで固定化されてしまわないように。

そして、復習。

そのポジションがきちんとわかっているか?

5線でも確認します。

でも、5線ノートじゃつまんないらしいƪ(˘⌣˘)ʃ

先生みたいにホワイトボードで書きたいのさ( ̄▽ ̄)

ってことで、どこでも大譜表が役立ちます(^。^)

個人教室では、バカでかい5線譜は必要ないけど、なくてはならないもの。

でも、A4ではちっこすぎてイマイチ( ´Д`)y━・~~

しばらく自作してみるも、しょっ中使うのでマーカーのカスがたまり汚くて。

ってなわけで(割愛しすぎ。笑笑。今日は研修で疲れたので、詳しくはまた後日)、うちの教室では、【ピアノート】どこでも大譜表をレッスンで使っています(o^^o)

0

北九州市八幡西区萩原「とよなが音楽教室」
講師 豊永 美香 

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください