自分の言葉に責任を持つ

今年入学したばかりの高校の文化祭で
ピアノ伴奏をすることになったMちゃん。

新しい高校生活で迷いに迷った挙句、吹奏楽部に入部しました。

勉強に部活に、そして、まだやっとこ慣れた高校生活。

そんな中の文化祭でのピアノ伴奏決定!

当初は意欲満々で半分譜読みをこなしてレッスンへ来たのだけど、
後半部分を補習レッスンしたときには、なかなか譜読みが進まなかったみたい。
それが、かなり腹立たしかったんだろうね。

そして、レッスン中に一言。

『今は、ピアノ弾きたくない。』

弾きたくないものをむりやり弾かせたりはしません。そんなこと、出来ない。

でもね、

文化祭伴奏決まった!って連絡くれたよね。
文化祭まで時間ないけど、レッスンお願いします!って言ったよね。

弾きたいと思うなら、わたしは断然応援すると言ったよね。
間に合うかなぁ?って言ったから、間に合うよ!大丈夫!って言ったよね。

でもね、Mちゃんが弾きたくないと言ったら、わたしは手も足も出せないのよ。

悔しかったら、向ける方向違うくない?
弾きたくない…練習してたら、イライラして確かにそう思うこともあるよね。
わたしもあるよ。弾けなくてイライラすること。

でもイライラして、
弾かない!と言って
時間が過ぎたら解決するのかなあ?
弾けるようになるのかなぁ?
今日は一旦帰って、よく考えてごらん。

そう言って送り出した先週。
今週になってMちゃんから連絡がありました。

『この前は、ごめんなさい。
弾けなくて、イライラしてしまいました。
自分なりに、あれから譜読みやって頑張ったので、今週レッスンしてもらえますか?』
って。

待ってたよ〜。
長かったよ〜。

そうして一昨日、聴かせてもらいました。

Mちゃん、頑張ったじゃん*\(^o^)/*

とっても濃厚な練習時間だったんだろうなぁと、すぐに感じとれました。

短い期間の中で完成させないといけなかった今回。
高校生になったら、時間にゆとりなんてないからね。
今まで以上に効率よく練習するには…ってのを、考えるにふさわしい課題だったね。

そして。

引き受けたならば、
MAX頑張ってみる!

状況に不平不満を言う前に
自分がやれるだけのことをやってみることは
とっても大切。

きっと、土曜日の文化祭は
ステキな演奏してるだろうな。

頑張れ!Mちゃん!!

北九州市八幡西区青山「とよなが音楽教室」
講師 豊永 美香 

0 いいね?