石嶺尚江先生【導入で決まる!指導法セミナー】

  

昨日は今年初のセミナーを受講してきました。

そんなめでたい今年の初セミナーは、わたしの大好きな尊敬する石嶺先生の導入期の指導法セミナー。

もう朝からテンション上がりまくりです\(^o^)/

ピアノ講師ラボの教材で何度も繰り返し、繰り返し聴いていた内容を、昨日は目の前で!しかも、石嶺先生から直伝におはなしを伺えるというね。

ラボのおはなしと目の前の映像がリンクするという、なんとも贅沢なお年玉セミナーでした。

わたしの音楽に対する根本的な想いは、【楽しむ】ことです。

音楽が楽しい!と思える経験を十分にしていたならば、途中でちょっと難しくなっても、また、コンクールや試験などっ頑張らなくちゃいけないときも、きっと乗り越えていけると思うのです。

石嶺先生も、そう仰っていました。

【音楽を楽しむ以外の基本はない】と。

そこを経験した上での基礎を積み上げていく。(ここが難しいけどねん。(^^;;)

石嶺先生は『脳』ということばを多く使われていました。

ピアノを弾く。

ただ、それだけではなく、脳の回路作りから始まるレッスン。脳に刺激を与える、あらゆる角度からアプローチするレッスン。

だからこそ、ほんまでっかTVでおなじみの澤口先生が仰る【習い事はピアノだけでよい】ということにもなるのだと思います。

北九州市八幡西区青山「とよなが音楽教室」
講師 豊永 美香 

4 いいね!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。