シシャモ体操でシャキ〜んと!

小さな手でみんなよくピアノを弾いています。

わたしが自分の手の形を気にして弾くようになったのは、たぶん高学年からかな?(^^;)

手の形、指の形、大事なのはよーくわかってます。

でも、そればかりじゃつまらないのもわかってます。

一時期、めちゃこだわってしまった時期があったけど、レッスンじゃなくて、ただただ指の訓練のみ!みたいになって、わたしはどんどん要求するし、子どもたちはつまらなそうで。

レッスンで伝えたいことって、キレイな指や手の形で弾くことだけだっけ?

それも大切なことのひとつではあるけど、それだけじゃないよね。

と、ひとり反省会を開いてからは、もちろん言うときもありますが、そこばかりに気がとらわれないように意識して、他にも大切なことをレッスンで伝えようと思っています。

幼稚園・年長さん。

耳コピにはまり、どんどんいろんな曲を遊び弾きしています。

昨日のレッスンで、シシャモ体操を伝授(^-^)

シシャモのおなかを作って弾くとキラり〜ん!と響いた音が◯ちゃんにも十分伝わったようで、何度もシシャモ体操をしてはピアノを鳴らしていました!

北九州市八幡西区青山「とよなが音楽教室」
講師 豊永 美香 

2 いいね!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。