身につけていてほしいこと。

最近、暑いのでサンダルでレッスンに来る生徒さんが多いですね。

うちの教室には、元気が1番の小さな生徒さんもいるし、いろいろなタイプの生徒さんがいるので、そこまで徹底してはいないのですが、

ペダルを使う生徒が『知らない人もいると思うよ〜。わたしもレッスンに来て教えてもらったから、伝えた方がいい!!』と背中を押してくれたので(笑)、今一度おさらいです。

基本的に、素足で自宅以外のおうちに上がるのはマナーとして成り立ちません。

よそのおうちに上がるときには、靴下やストッキングなど、足の裏が直接、床に触れないようにします。

サンダルなどを履いている場合には、カバンの中に靴下を準備して、訪問先の玄関先で履かせてもらいます。

住居に上がるつもりがなかったのに、急遽上がることになった素足の場合、『素足ですみません。』と、一言お伝えします。

もちろん、素足にスリッパもNGですよん。

暑いからサンダルに素足というのは、よくわかりますが、それでも、これは、一般的に知っておいてほしいことです。

社会に出て素足でお客様のおうちへお邪魔することなんてないように。

でも、うちの教室には、感覚が過敏なため、靴下を履いておくことでレッスンがスムーズにいかないという生徒さんもいるので、そこはあまり厳しくはしていません。

(だからこそ、こうして伝えてよいのか迷ったのですが、知っているのと知らないのとでは大きな違いがあるので、生徒に背中を押してもらいました(^-^)笑。)

靴下履いて集中できないよりも、集中できる環境を整えることの方が、はるかにメリットがありますものね。

ただ、ペダルを踏む生徒さんは素足厳禁です!

毎年、お便りにも書いていると思うのだけど、季節は巡るので、冬に裸足でレッスンに来ることもないから、一年ぶりですっかり忘れてる生徒さんもいたりして…身についていないんだな…と、指導者として反省しています(;_;)

そんな中、いつもレッスンに付き添ってくれているお母様。

玄関先でスッとフットカバーを出し、スマートに履かれ、スリッパを履いてレッスンに入ってこられる。

生徒のみんなもオトナになったときに、そうあってほしいなぁと思います。

北九州市八幡西区青山「とよなが音楽教室」
講師 豊永 美香 

3 いいね!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。