ばぁばのお家へ行くときは、いつも大荷物。

北九州の小学校では、今日が始業式ですねん。

春休みの宿題は、前学年の復習だから『らっくちーんψ(`∇´)ψ』と喜び、机上の学習よりも実践的に学ぶことが多い、うちの生徒ちゃんたち。笑。

みんな、おじいちゃん・おばあちゃんのお家に泊まりに行ったり、旅行に行ったりと、楽しかった春休みの報告をしてくれます(^-^)

昨日は、広島のおばあちゃんちに行ってきたよ!と、レッスンバッグを片手に、反対の手には広島といえば!の“もみじ饅頭”とお漬物を、えっちらおっちらと抱えてやって来てくれた◯ちゃん。
  

レッスン始めに準備をしながら、お話聞いてると、レッスン数時間前に広島から帰り着いたんだと(;゜0゜)

『大丈夫〜?』って聞くと、『全然、大丈夫〜( ̄▽ ̄)』だって(^^)

レッスンの宿題もね、おうちから、以前使っていたキーボードを車に積んで、おばあちゃんちまで一緒に持って行って、練習もしながら、おばあちゃんにも演奏聴かせてあげたんだって。

いつも帰省するときには、決して小さくないキーボードを積んで帰省していただく◯ちゃんち。

ご家族みんなで、◯ちゃんのピアノを応援していただいているのが、本当に嬉しく思います。

そんなご家族の想いは、◯ちゃんも感じているみたい。

ひとりで弾くのも楽しいけれど、やっぱり誰かが聴いてくれているというのは、とでも嬉しいことですもんね。

北九州市八幡西区青山「とよなが音楽教室」
講師 豊永 美香 

2 いいね!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。